顔 しわ コラーゲン

顔のしわケアはコラーゲンドリンクで

年齢を重ねるごとに気になる顔のしわ。顔の美容トラブルは見た目年齢を高く見せてしまいます。美容に敏感な女性にとっては深刻な悩みですよね。本当は気になり始める前にケアをし始めるのがベストですが、実際には気になりだしてから始める方が多いのは事実。そして、いざケアを始めてもどんな化粧品が良いのか、どうやってケアをすれば良いのか分からないという方も多いのです。肌のお手入れも大切ですが、まずはシンプルに体の中からキレイを作ることが美容の基本ですよ。毎日わずらわしいスキンケアを続けるなら、飲むだけのスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか?

 

飲むドモホルンリンクル

飲むドモホルンリンクル
〜コラーゲンやヒアルロン酸の力を最大限に〜

 

鏡を見て老けを感じている方に

顔のハリに自信が持てない方に

いつまでも若々しさを保ちたい方に

 

再春館製薬「飲むドモホルンリンクル」
↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
www.saishunkan.co.jp/domohorn/

 

今まで様々なスキンケア製品、化粧品、美容液、美肌クリームなどを試してもいまいち効果を実感できなかったという経験をお持ちでは?美しさを作るのは体の中から取り入れることが近道かもしれません。口にしたものが体を作るように、体の外からのスキンケアだけでは美しさを作ることは難しいと思います。「飲むドモホルンリンクル」はそんな体の中から美しさを作るための美容ドリンク。

 

飲むドモホルンリンクルは眠りの力と和漢の力を組み合わせた新しい美容ドリンク。また、美容成分もたっぷり配合で眠りの力に加えて体の中から美肌をサポートします。配合成分には女性ホルモンに似た作用を持つといわれているアマニ。ヒアルロン酸を超える保水力と、コラーゲンをサポートする力を持つことで注目を集めるプロテオグリカンを配合。かつては1グラム3,000万円もした高級原料として知られています。さらにはお肌の弾力と柔軟性をもたらすとされている鱧コラーゲンも配合されています。

睡眠の質が低下すると5歳以上も老け顔に!?

ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬所が30代以上の女性にを対象に行った「女性の睡眠と美容」に関する意識調査で、多くの女性が睡眠が見た目年齢に影響されているという結果が発表されました。

 

睡眠の質が女性の肌へ影響する

その睡眠の影響というものが、睡眠時間よりも睡眠の質により肌の状態に変化を感じると70%程度の女性が回答しています。また、その睡眠の質の低下により感じられる肌の変化というものが非常に顕著で、65%もの女性がいつもよりも5歳以上も老けて見えるという回答をしていることです。

 

眠の質が低下することで感じる肌への影響
  • 「肌にハリがないし、クマがひどく顔色が悪く見える」(34 歳)
  • 「化粧のノリも悪く、肌がかさかさなのでファンデも粉浮きしてしまう」(36 歳)
  • 「顔にツヤや透明感がない」(40 歳)
  • 「肌がどんよりと、トーンが暗く、しみも目立ち、化粧でごまかしがきかない感じだった」(41 歳)

※出典:http://www.saishunkan.co.jp/news/news_release/detail/20161115_01/

 

30代を迎えたら肌はメイクではごまかしきれない

多くの女性が年齢を重ねるごとにメイクでは隠し切れない肌の老化を感じている一方で、見た目の美しさを左右するものは肌の美しさだと95%もの女性が回答。さらには、肌については
悩みたくないという回答をした女性が同じ割合で存在しているようです。

 

30代以降の美肌ケアについて

多くの女性はコスメによる外側からのアプローチで肌ケアを行っているようですが、それだけではなく、内側からのケアに取り組みたいと回答した女性も9割に占めていました。とにかく30代以降はメイクではごまかしきれないと感じている女性が多く、根本的な美肌ケアを望んでいるようです。

 

皮膚科医による睡眠と美肌の関係

再春館製薬のアンケート結果をもって、皮膚科医の専門医による興味深い記事が掲載されていました。

 

美肌に必要なのは成長ホルモン

年齢を重ねるごとに悩まされる肌のトラブルと言えば、シワやシミなどが代表的ですが、それらの肌トラブルは今まで浴びてきた紫外線や活性酸素により細胞がダメージを受けて引き起こされています。そのようなダメージを受けた細胞を修復してくれるのが、睡眠中に分泌される成長ホルモンだということです。そのため、睡眠不足や睡眠の質の低下が重なると、肌ダメージが修復されないままダメージを重ねていき、肌老化や見た目年齢を挙げてしまう原因にもなってしまうようです。

 

成長ホルモンを促すには時間よりも質が重要

肌ダメージを修復してくれる成長ホルモンですが、睡眠の時間よりも質により分泌が促されるようです。成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠開始後3時間以内に質の良い深い眠りにはいいた時に分泌されるようで、睡眠時間がいくら長くても質の良い眠りにつかなければ肌にとってはあまり意味をなさないようです。

 

睡眠の質をサポートしてくれるのが飲むドモホルンリンクル

現代の女性の睡眠の質低下に目を付け、睡眠のサポート、上質なコラーゲンやヒアルロン酸を配合したのが、飲むドモホルンリンクル。30歳を過ぎて肌トラブルに悩む女性、睡眠の質が悪いと感じている女性には、ぜひお試しいただくことをおすすめします。肌の外側からのアプローチだけではなく、内側からのアプローチを続けることが美肌、見た目年齢の若返りへの一番の近道だと感じます。

 

飲むドモホルンリンクル

飲むドモホルンリンクル
〜コラーゲンやヒアルロン酸の力を最大限に〜

 

鏡を見て老けを感じている方に

顔のハリに自信が持てない方に

いつまでも若々しさを保ちたい方に

 

再春館製薬「飲むドモホルンリンクル」
↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
www.saishunkan.co.jp/domohorn/

顔のお肌のしわケアはタイプに合わせた対策を

顔のお肌のしわケアを始める前に、しわのできる原因を正しく把握することが重要です。しわの原因は乾燥だと思っている方が多いのですが、実際には真皮(2層目の皮膚)のコラーゲンやエラスチンの減少が大きな原因のひとつです。コラーゲンは肌の中で細胞を支えており、エラスチンは肌の弾力や張りを維持する働きをしています。その美肌には欠かせない2つが減少したり、変性してしまうと、肌の弾力や張りを維持できなくなり、しわが発生してしまうのです。

 

しわができるまでの過程

しわができるまでには過程があります。今自分の悩みはどの段階にあるのかを把握した上で、正しい対策をしていくことが重要です。

 

第一段階

シワができる初めの段階は「ちりめんじわ(小じわ)」です。この段階では浅く細かいしわで、乾燥するとしわが目立ってしまいますが、肌が潤っていれば回復してしまうような症状としては軽いものになります。

 

第二段階

顔の表情筋の動きにあわせてできる「表情じわ」。若い時なら表情にあわせてできるだけで、もとに戻るしわなのですが、年齢を重ねるごとに深くなってきて、だんだん元に戻りにくくなってきます。そして、最終的には、真皮のコラーゲン繊維が変形してしまったり、壊れてしまうと深いしわになり、目立つしわとなってしまうのです。

 

コラーゲン繊維は肌の弾力を保っているもので、年齢を重ねていくごとに弾力を失っていってしまい、量も減ってしまいます。そのため、今まではできなかった表情じわも、元に戻りにくくなり、深いしわになっていってしまいます。また、コラーゲンの減少に併せて、真皮も薄くなってしまい、余計にしわができやすくなってしまうのです。特に顔のお肌のしわは表情の変化による動きが激しく、顔の中でも皮膚が薄く弱いため、しわができやすいのです。このような過程でできたしわは自分でケアしても消すことが難しくなってしまいます。

 

このように、しわができるまでには一定の過程を経て深く、目立つしわになってしまうのですが、このしわに対処していくためには、その段階に併せて正しいケアを行っていく必要があります。

小じわに効果的なのは保湿成分

しわができる過程の第一段階である小じわの大きな原因は乾燥です。顔のお肌にできやすい小じわですが、これは大人だけにできるものではなく、若い人や子供でも良く見られます。

 

顔の小じわには保湿対策

この小じわの解決方法は、朝晩のスキンケアでしっかりと保湿することで対処することができます。その際は、特にセラミド配合の化粧水などで水分を補給し、クリームなどで油分も合わせてプラスしておくと良いです。ちなみに、小じわの段階で放置してしまうと、真皮のしわになってしまうと思われがちですが、それは間違いです。子どもが小じわをほうっておいても、真皮のしわにまでは発展しないですよね?小じわの原因はあくまで乾燥ですので、保湿をしたりしても小じわが消えない場合は、真皮のしわにまで発展している可能性が高いです。その場合は、その段階における対策をしっかりと行う必要があります。

 

真皮のしわ対策には、アンチエイジング化粧品がオススメ

真皮のしわは、若い頃にはできなかった表情じわが戻らなくなり、深く刻み込まれてきたものです。原因はコラーゲン繊維が弾力を失い、壊れてきてしまっているためです。こういったコラーゲン繊維の減退は年齢だけの問題ではなく、紫外線による影響も大きく受けているために起きてしまうのです。

 

このコラーゲン量を増やすには、コラーゲンを増加させる作用のある、レチノールビタミンC誘導体などを配合した化粧品を活用することをオススメします。こういった化粧品はしわやたるみにも効果を発揮するので、年齢を重ねてトラブルを抱えてしまった肌には大変効果的なので、1つでも持っておくことがオススメです。さらに、日ごろの紫外線対策も併せて行うことも重要です。一度できてしまったしわを元に戻すには、かなりの時間が必要となるので、しわケアを行いながら、これ以上しわを増やさない努力をしていきましょう。

顔の中でも老化の起きやすい目元のトラブル

目の周辺の皮膚は非常に薄く、たとえるならばラップ1枚分。まずは、専用の化粧品で入念なケアを取り入れることが必要です。目元の小じわやクマ。目元のトラブルが気になる方はとても多いはず。

 

それもそのはず、目の周りのトラブルは見た目年齢を高く見せてしまうとてもデリケートな部分。それにも関わらず、目もと専用の化粧品を使わない人が多いのには意外な事実でビックリです。顔全体に塗っているクリームで代用して重ねづけしているという方も少なくないのではないでしょうか?

 

そもそも、目の周りの皮膚は人間の体の中でもいちばん薄く、頬の約3分の1の薄さしかないのです。それに加えて、目元は汗や皮脂も分泌していない部分なので、非常に乾燥しやすいパーツなのです。さらに、皮脂や骨の支えがない上に、1日に2万回もまばたきにより動かされているのです。

 

乾いた紙切れのしわを戻すには?

目元の皮膚は言うなれば、本当に薄い紙のようなものなので、1度シワができるとなかなか戻りにくいのです。イメージしてみると分かると思いますが、乾いた薄い紙をくしゃくしゃにしてから伸ばしても元に戻りませんよね。戻すためには、少し湿らせて伸ばすと元に戻りやすくなります。水分が多いウェットティッシュなら1度くしゃくしゃにしても元に戻りますが、乾いた紙を元に戻すのは簡単ではありませんよね。つまり、目元の皮膚は十分なうるおいと柔軟性の高い状態になっていれば、まばたきや表情の変化により動かされていても耐えられる、シワができにくい肌が保てるのです。

 

目元のしわやたるみができる原因は?

そもそも、しわはタイプが2種類あり、表情筋によりできる「大じわ」とちりめんじわと呼ばれる「小じわ」があります。大じわは目元や口もと、額や眉間にくっきりとできるしわで、小じわはその他の部分にできる細かいしわです。それらのしわの違いは、発生源となるところ。大じわは表情筋の筋肉のクセから来ているのに対し、小ジワは乾燥が大きな原因となり、肌の浅いところから来ているのです。

 

よって、大じわは若い頃は戻っていた表情筋が、年齢を重ねるごとに弱ってきて、張りを失い深いしわとなって発生してしまうのです。しかし、小じわは年齢だけが原因ではなく、乾燥によるところが大きな原因となり、化粧水などで、潤いを与えてあげればすぐに修復可能なものなのです。もし、保湿しても消えないようであれば、それは小じわではなく、真皮によるしわの可能性が高いので、対処法を変える必要があります。

 

このように、しわのタイプを見極めることで、適切な肌のケアをしていく必要があるのです。

 

目元には目元専用の化粧品を

しかし、目元のトラブルは、顔専用の化粧品ではなかなかケアしきれるものではありません。目元には汗や皮脂が分泌されていないので、顔の他の部分とはケアの方法が異なってくるのです。他の部分よりもうるおいと柔軟性が必要です。そのため、目元のケアには専用の化粧品が必要となるのです。

 

目元のケアをはじめるのは、しわやクマが気になりだしてからはじめる方が多いのが事実ですが、実際はもっと早い段階で、しわがまだ気にならない時から目もとケアを始めるべきなのです。とは言っても、シワができてしまった目もとでも十分カバーは可能です。これから目元のケアをはじめたいという方は、正しい方法で若々しく見えるキレイな目もとを作っていきましょう!

顔のシワの原因は?知って予防をしよう!

顔のシワの原因は加齢以外にも、外的要因でできてしまうのをご存知ですが? 何気なくやってしまっている癖がシワを増やす原因になっているのかも・・・。次の項目で思い当たる場合は要注意です!!

 

煙草を吸う、やめられない

タバコの煙は、健康を害するだけでなく「美容」にも悪影響であることが医学的に明らかになってきました。その脅威は、加齢以外の皮膚の老化原因でタバコの害は紫外線に次ぐ≠ニいわれるほど。

 

女性ホルモンの低下を促進してしまいます。タバコの成分が(真皮層)に侵入すると、老化の元凶物質「活性酸素」が発生。コラーゲンやエラスチンの産生力が低下したり、皮膚の結合組織の破壊が起こり、深いシワが刻まれてしいます。活性酸素を除去しようとして、ビタミンCが大量に消費される。ビタミンC不足が新たなシワをつくっていく。

 

また本人が吸っている以外で周りの人が煙を浴びてしまう副流煙でも同じ被害があるそうです。カフェに入って、禁煙席がないから喫煙席で我慢しよう・・・そのちょっとした気のゆるみがシワを増やす原因になることもあり得ます。

 

食品添加物、甘いお菓子や油っこい食べ物が大好き

フライパンでフレンチトーストを作るとき、砂糖をカリカリに焼いて表面にカラメルを作ったことはありますか?この焦げは、熱することで糖分とたんぱく質が結合してできた、“AGE”と呼ばれる物質。この“AGE”ができるのと同じような現象が、甘いものをたくさん食べる人の血管内でも起きてしまいます。

 

AGEは血管の内皮細胞にも蓄積し、動脈硬化やがんの原因になるといわれています。動脈硬化で肌の弾力がなくなるだけでなく、皮膚のコラーゲンと結合してかたまり、皮膚の弾力性を奪っていきます。これが深いしわをつくってしまいます。

 

太ってはダイエットをして痩せる、を繰り返してしまう

太ったからプチ断食して体重を落とそう。そんなことが日常茶飯事となってくると、体重の増減による皮膚の伸び縮みが肌に負担をかけてくるのは当然のことです。ダイエット・リバウンドを繰り返し、皮膚が伸びたりたるんだりすることで、年齢以上の深いしわができる原因になります。

 

日焼けした肌が好き! 紫外線対策をしていない

紫外線はシワ、シミ、たるみの大きな原因となります。蛍光灯の光からも紫外線は発生しているって知っていますか? 外に出ているとき、夏だけでなく、一年を通してどこにいても対策を怠らないことが大切です。UVケアをこまめにすることがシワのない肌への近道です。

 

一度できてしまったシワはどうしたらいいの?

一度肌に刻まれてしまったシワは、残念ながらスキンケアで消えることはありません(*_*)でも同じ年齢でも、しわがあっても薄い人と深い人がいると思いませんが?

 

顔の構造は下から「骨 → 筋肉 → 脂肪 → 真皮 → 表皮」となっています。この顔の筋肉「表情筋」を鍛える、調整することでしわが目立ちにくい顔にすることができます。また他の体の筋肉と同じように、顔を引き締めてシワの目立ちにくい顔を目指すには、毎日の適度な運動が必要です。お風呂上りなど、顔の緊張がほぐれているときにぜひ試してみてください。

 

顔の表情筋トレーニングの方法

保湿効果の高いスキンケアをする。
※肌が柔らかくなるだけでなく、顔がい動きやすくなるのでお風呂上りがオススメ!

 

口を「あ・い・う・え・お」と大きく開く。イメージはこんな感じです↓

 

【あ】 飛び出そうなくらい目や口を外側に持っていくイメージで大きな口で「あ〜」と言う
【い】 口のはじを、おもいっきり横に広げながら「い〜」と言う
【う】 思い切って!唇を尖らせて、顔のパーツを顔の中心に集めるイメージで「う〜」と言う
【え】 口のはじを上に引き上げて、顔のパーツを外側に持っていくようなイメージで「え〜」と言う
【お】 口をタテに開き、顔を思いっきり伸ばしながら「お〜」と言う

 

これを毎日10セット! 簡単でしょ??これだけでシワの少ないつるんとした顔になれます!お風呂上りのほかに、朝一番で行えば顔のむくみをとることもできます。こまめに運動して、しわのない顔を目指しましょう!